第203話 書かねばならぬ!

できればこんなお知らせはしたくなかったのですが...

↓この写真は飼ったばかりの頃。ヒレも健在です!!
/alt200話うつむきんちゃんの隔離闘病生活にちょっと触れ、
みなさんに心配していただいてましたのでその報告をさせていただきたいと思います。
ぷぅちゃんの看病虚しく(笑...)処置の甲斐もなく、今朝、お★になったうつむきんちゃん
決定的となった病気はなんなのか分かりませんが、
最終的には、いくつかの病気が重なっていたのだろうと思います。
ヒレを失くし不自由にしていたので、
今頃はスイス~イと元気に泳ぎを楽しんでいるかも。

ペットショップから¥980-でやってきた一目惚れのコ。
模様も形(飛行船みたいじゃありません?)もすっごくお気に入りだったんです。
格付けはしたくないんですが、飼ってる金魚'sの中でも一等かわいがっておりました。
“たかが金魚”かもしれませんが、
私にとって、金魚は最高の癒しをくれたのです。
大袈裟に思うかもしれませんが、まさに《ペットセラピー》なんですよ(笑)
アレでも(笑)すんごく荒んで弱りきってましたから、その頃の私。

私って金魚飼いに向かないのかなぁ...
去年の春に金魚を始めて、うつむきんちゃんで4匹目の★...。
しかも“こんな知らせはしたくないpart2”で、
なんとクロちゃんまでもが絶不調。
濾過器の給水口に吸い付けられてたんです!!
慌てて救出するも、どれ位そんな状態だったのでしょう。
ヒレがボサボサになってました。しかもひっくり返ってる....(転覆病)
ちょっと濃度濃いめの0.7%程の塩水に浸かってもらい、
時間をかけて水温も上げていく。って対処でいこうと思ってます。

手をかけずとも、元気に育ってくれる金魚さんもいるみたいなのに...。
   (らしいですよ..)

☆☆☆今朝のぷぅたいじゅうぽんたいじゅう☆☆☆
        21g        24g


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

海のはなし
2006年01月16日 18:54
そうですか…★になっちゃいましたか。
今頃、みりんださんちの金魚と、どこかですいすい泳いでるんでしょうね。
うつむきんちゃん、大好きだったのになぁ~。
こちらは、夕方から涙のような雨が降ってます。
からくち兄さん
2006年01月16日 21:15
あれまぁ。それは、なんとも…。

>“たかが金魚”かもしれませんが、

そんなことないですよ、立派な家族だと兄は思います。
めげずに頑張ってくださいませ
many
2006年01月16日 21:32
人間だって風邪を引けば1週間は調子悪いんです。金魚のカラダは、あの小ささ。ちょっとした風邪でも金魚にとっては致命傷って事もあります。残念でしたね。他の子を亡くなった子以上に可愛がってあげましょう!
でも過保護は、カラダが弱くなるので禁物ですよ。
金魚の母
2006年01月16日 22:37
うつむきんちゃん、かわいそうでしたね。
うちの鶴姫・蘭丸と同じくらい好きだったんですよ。
でも色々手を尽くしてやっての結果ですから、きっとカワイイお★さまになってると思います。金魚飼いに向いてないなんて言わないでクロちゃん達かわいがってあげてくださいね。
2006年01月16日 22:52
我が家のらんちゅう「らんちゃん」とうつむきんちゃん一緒に泳いでるのかな♪寂しくなくてよかった!
クロちゃん・・・転覆病ですか・・・。
これはなんか本当奇遇なんですが、我が家にも出目金のクロという金魚がいました。転覆病になりました・・。
塩水で一時期持ち直したんですけど、2ヶ月ぐらいしたらまたひっくり返ってしまって・・。
過去形です(涙)
はにーちゃん
2006年01月17日 12:26
 (*'∀')ノ 海のはなしさま
海のはなしさんのおかげで、私がみりんださんと知り合えたように、うつむきんちゃんもらんちゃんとお友達になってるのでしょうね。
さっき、3匹になった水槽をぷぅちゃんが定位置で眺めてました☆彡
はにーちゃん
2006年01月17日 12:32
 (*'∀')ノ からくち兄さん
小さな金魚でも、生かしてあげるのは難しいもんですねー。
当初は“金魚なら死んでもそれほど悲しくないだろう”と思っていたのですが、愛着湧いてしまうと居なくなるのはやっぱり寂しいもんです。
大丈夫ですよ、私は!!
はにーちゃん
2006年01月17日 12:38
 (*'∀')ノ manyさま
まさしく仰る通りです。
ヒレが壊れた~。とか吸水口に吸い付けられてる~。って思っても、あの小ささでそんな事になったら本人達にとっては大事件なんですよね。うつむきんは初期段階からヒレが無くなったせいもあるのか、他の金魚に比べて体も一向に大きくならなかったし。
時間をかけて“脱!過保護”に挑みます(笑)
はにーちゃん
2006年01月17日 12:43
 (*'∀')ノ 金魚の母さま
うわ~ぁ、それ程うつむきんちゃんのファンでいてくれたなんて~!!
きっとうつむきんちゃんも飛行船となった今、
空で喜んでいる事でしょう☆彡
寂しくなった水槽をぷぅちゃんが見つめてました。
早くクロちゃんが戻れるように、治してあげなくちゃ!!ですね。
はにーちゃん
2006年01月17日 12:51
 (*'∀')ノ みりんださま
動揺を隠しきれなかった“はんーちゃん”です(笑)
ちゃんと“はにーちゃん”宛にコメントしていただき、ありがとうございました。

なんだか“偶然の一致”を感じてしまいました。
大袈裟ですかね(笑)
転覆って、一時的にはすぐ治るんですけど簡単に再発しちゃうんですよねー。
でも、今のところクロちゃんは....体力消耗していたのでしょう、お腹見せてくれてます...。
2006年01月17日 18:43
そうですか。
うつむきんちゃん、きっと今頃ひらひら泳いでるのでしょうね。

私も一昨年の秋、溺愛していたウサを亡くしました。
イヌや馬はともかく、小動物や魚は知能が低くて愛情は伝わらないなんて言いますが、絶対ウソです。
ウサとは言葉は通じないけど、たくさんの話をしました。
はにーちゃんさんの心もきっと通じてますから!
クロちゃん、集中治療水槽でがんばってください。
ぷうた君も応援してますよ!
はにーちゃん
2006年01月18日 14:24
 (*'∀')ノ ねこまっくさま
私も同感です。小動物や鳥も表情あるし、人と疏通できる部分ってありますよね。
ねこまっくさんは現在はペットさん飼ってないのですか?
ペット達は大抵、私達よりはやく亡くなってしまい(とっても悲しくて寂しいけど...)ますが、一緒に暮らしていけるのはなんとも幸せな事ですよね♪
うつむきんもどうやら天で友達(みりんださんチの金魚さん)が出来たようなので、ちょっと安心しました。

この記事へのトラックバック