文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)

アクセスカウンタ

zoom RSS おわかれ

<<   作成日時 : 2011/03/16 21:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

2011年3月12日 18時03分
最愛のぷぅちゃんが永遠の眠りにつきました。
2011.3.13 AM

この震災のさなか、
それまでとは全く違った環境の中、
まる一日以上がんばってくれました。

多分、
ぷぅちゃんはその1日をとても一生懸命生きてくれたんだと思います。
一緒に過ごす事が出来て良かった
あの日(11日)、朝、出勤前の時間を過ごしたっきりだったら...

2011.3.12 10:56
この写真は、亡くなる当日の朝。
夜を過ごした脱衣所から、陽のあたる暖かいリビングに移動しました。
ぷぅちゃんとホッカイロと湯たんぽと一緒に、
雪んこのようにタオルケットにくるまって1日を過ごしました。

途中何度も、シードやお水や苺牛乳をあげたり。

これがぷぅちゃん最後の動画になりました。

2011.3.12 16:01
〜携帯の方はこちらからどうぞ〜
こんなに嬉しそうにゴハン(剥いてあげたカナリーシード)を食べているのに、
たった2時間後、そのキラキラした瞳に、
再び私を映してくれる事はもうなくなるなんて...


雪んこの中で、食べたくなったり飲みたくなったら
ちゃ〜んと主張してきたんですよ。
どうすれば何をしてもらえるかをちゃんと分かっているコでした。
2011.3.12 16:26
地震直後はお店などやってなく何も買う事ができませんでした。
翌日、ようやく酸素缶を3本、父と妹が探して買ってきてくれました。
亡くなる1時間前、激しい呼吸困難に陥りました。
探してきてくれた酸素缶があったおかげで、
ぷぅちゃんにたっぷり酸素をあげられて良かったです。
しばらくすると落ち着き、
疲労もあるのでしょう、首を後ろにまわして眠りはじめました。

本当は最期の時まで、絶える事なく酸素濃縮器を使いたかったし、
あったかい温室で過ごさせてあげたかった。
けれどこの災害時それはとても望める状態じゃない...

そしてまた、亡くなる直前に激しく呼吸が乱れ...
手の平で苦しそうにしているぷぅちゃんに、
酸素をあげる事しかできないのがつらかったです。

最後の呼吸の乱れの前、
ぷぅちゃんを囲む私、母、妹をゆっくりじっくりと順番に見回したり、
急に私の親指を、甘噛みよりはちょっと強くカプカプしてきたり。
ちょっと手を動かした時だったので
「ごめんねー、怒ってたのぉ?」なんて話かけていました。
多分、最期の挨拶をしてくれたんだと、後になって気付きました。


ぷぅちゃんは私の手の中で、
私、母と妹に見守られながら息を引き取りました。



ぷぅちゃんにはたくさんのありがとうをもらいました。
そして、ぷぅちゃんがいてくれたからこそできたお友達もいます。

ペットショップで出会った時の事。
その帰り道、わくわくした気持ちで名前を考えながら家に向かった事。
どんどん成長しながら色んな遊びやいたずらを覚えていくぷぅちゃん。
水浴びだってしたい時はちゃんと催促してくる。
家の中を自在に飛び回ったり、
にぼしや焼き魚を手(嘴)に入れれば、キッチンから2階の部屋までちゃんと飛んでいくし、
押し入れに秘密基地を作ったり、金魚の水槽の上で遊んだり。
窓辺やCDラックだって占拠したぷぅちゃん。
たまごは何個産んだだろう。
幾度もたまご詰まりで病院のお世話になり、
1年前からは呼吸困難で病院通い。
爪切りのみならず、クチバシ(下側)のカットも何度もしました。

5年半の想い出は語り尽くせない程たっくさんあります。
ぷぅちゃんのぬくもり、におい、握り心地、羽毛、くちばし、脚、爪。
全ての感覚を一生忘れたくありません。


翌日になって祭壇を作ってあげました。
災害時の為、お花を買う事はできませんでした。
父が育てていたクリスマスローズをわけてもらいました。
バラは、手芸に使った時の造花です。

震災後、やっと片付いてきた自室。
今までは酸素濃縮器のゴーーープシュッ、ゴーーープシュッって音がBGM。
ぷぅちゃんが、おやつ入れのそろばん(?)をカチャカチャッと鳴らしていた音も
プラスチック製品に爪があたる音も
キッチンペーパーの上を歩く音も、ブランコが陶製の器にぶつかる音も、
声は出せなくなっていたけど
ぷぅたにまつわる音がたくさんありました。

今は静まり返り、耳の奥でシーーーンと鳴り、
上空を幾度も行き交うヘリコプターのプロペラ音と
余震があれば家の軋み音。
今はそれがBGM。
主をなくしたケージはひんやりした雰囲気が漂っています。

震災でちらばった物は片付けられても、
ぷぅちゃんのものは何も片付けられない。
散らばったシードや殻さえも愛おしい。

電気は復旧したけれど(依然断水中)、節電の意も込め
家族が集まるリビング以外は暖房いれてません(日中はつけていません)。
ぷぅちゃんと私の部屋がこんなに冷え冷えしているのは5年半ぶりかな...


※コメントへのお返事が遅れていまして申し訳ございません。
必ずお返事はさせていただきますので
しばらくお待ちください。
一方的すぎますが、思いを書き出す事にいっぱいいっぱいになってます。
♪ランキングに参加してますにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ応援ぽちお願いします♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はにー様、はじめまして

可愛いぷぅたちゃんとはにー様はじめ
ご家族の皆様のぷぅたちゃんへの愛情が
溢れるブログが大好きでした。
涙が止まりません。

もう呼吸をするのも辛くなく
ぷぅたちゃんとぽんたちゃん
元気に仲良く虹の橋で遊んでる事でしょうね。

小さな身体で一生懸命頑張った
ぷぅたちゃんの事は忘れません。

はにー様、ご家族の皆様もお辛いでしょうが
お元気になられます様に

ぷぅたちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
nana
2011/03/17 02:59
はじめまして。寒い日がつづいています。お体は大丈夫でしょうか。
ぷぅたちゃん、最愛の人の見守り、最愛の人の手のひらで看取られて幸せだとおもうような気がします。
ブログを読みながら、泣いてしまいました。
ぶぅたちゃんのご冥福を心よりお祈りしますと同時に気をおとさないでくださいね。
季節のように春がくることを願っています。
ぴぴくる
2011/03/17 10:55
仙台だったんですね…本当に本当に無事で良かったです。
ぷぅちゃん大変でしたね。
でも、みんなと一緒に居られたんですね。
濃縮酸素も暖房もなくても、
きっとはにーさんが帰ってきてくれたから嬉しかったと思いますよ。
まだまだ余震も続いているし、ライフラインも完全に復旧するには時間がかかるかも知れませんが、
どうぞ健康だけには十分気をつけてください。
風邪引いたらぷぅたちゃん悲しみますからね。

東京からは何も出来ませんが、一生懸命節電や募金でバックアップします。
今はゆっくり泣いて悲しんで、ゆっくりでいいから元気になってくださいね。
かのえ
2011/03/17 13:12
はじめまして
ずっとブログ読ませていただいてました。

ぷうちゃん頑張りましたね!
大好きな皆さんに囲まれて嬉しいって気持ちでお空に行ったのですよね。
今はまだずっと上に行かないで肩にとまっていたりそばにいてくれてますよ。

余震、ライフラインの完全復旧がまだの不安や不便まだまだあると思います。
同じ東北人として応援してます。

ころころ
2011/03/18 00:29
何度もすみません。
一日も早い復興を心よりお祈りしています。
nana
2011/03/18 08:02
ぷぅたん、貴女は本当に賢いお姫様だったね!!

ママと雪ん子みたいにしてたから、寒くても安心できたよね!!

ママが元気になるまで、もう少し待っててあげてね!!
ぷぅたんは、日本中のぶんちょさんの中で、いっちばん『がんばり屋さんでステキな、お姫様』だよ!!
ありがとう、ぷうたん!!

はにーさん、被災とぷうたんとのお別れで本当に混乱されてるでしょうけれど、体調だけは気を付けて下さいね!

姿は見えなくても、いつも ぷうたんがそばに居てくれてますから大丈夫!

2011/03/18 16:30
nanaさんへ
おくやみ、ありがとうございます。
そしてはじめまして。
いつもご覧いただいていたんですね。

ぷぅちゃんがいなくなった事、悲しがる時間もないくらい震災の後片付けやらに追われていましたが、それも落ち着いてきて、今になってだんだん悲しみ
が...

ですが、nanaさんも仰るとおり、ぷぅちゃんは苦しみからやっと開放されました。
だからあまり泣いてばかりいたらぷぅちゃんかわいそうですよね。

ぷぅちゃんの新しい写真はもう載せられないけれど、過去の写真、アップしていこうかなと思ってます。
よろしければたまに見に来てあげてください。
コメントありがとうございました。
はにーちゃん
2011/03/20 12:42
ぴぴくるさんへ
コメントありがとうございます。
みなさんを泣かせてしまうつもりはなかったのですが、私自身、ぷぅちゃんとの最期の想い出を、震災の記憶にかき消されてしまうのが嫌でこのような記事になってしまいました。
そうですね、春がもう目の前にやってきています。
明けない朝はないですものね。
ただ、幾度経験しても、お別れというのはとても悲しいものですね。
はにーちゃん
2011/03/20 12:47
かのえさんへ
コメントありがとうございます。
震災のごたごたの中、ぷぅちゃんは本当によくがんばりました。
多分、わたしたちへ“がんばる”という事を身を以て教えてくれたんだと思ってます。
酸素の機械は既に私の部屋に溶け込んでいます。
レンタル元へお返ししなければなりませんが(まだ震災の影響でお返しするタイミングが持てていません)、部屋から機械がなくなってしまうのも寂しい気がします。
でも、これを必要としているコたちに早く使わせてあげたいと思います。

日本中のみなさんが節電や募金で協力してくださっているのをニュースで知りました。
とても励みになってます。
かのえさん、ありがとうございます!
はにーちゃん
2011/03/20 12:55
ころころさんへ
応援ありがとうございます。
ころころさんも東北のお方なのですね。
今回の地震、大丈夫でしたでしょうか。

ぷぅちゃんが亡くなってから、ぷぅちゃんを感じる事があるんです。
亡くなる前の数ヶ月、よく首の後ろの骨の所でモチになっている事があったのですが、亡くなってから、その部分がぽわんとあったかくなって、ぷぅちゃんがそこにいる気分になる事があります。
きっと心配して、私をまだ監視しているのかもしれませんね。
あまり心配かけないようにしなくっちゃ。

ブログ、ずっと読んでいてくださいましてうれしいです。
ありがとうございました。
はにーちゃん
2011/03/20 13:00
nanaさんへ
応援ありがとうございます。
いろんな方々から応援や支援を受け、人のあたたかさを実感しています。
みなさんから勇気と希望をいただいて、私だけじゃなく東北全域、復興に向ってがんばります!
はにーちゃん
2011/03/20 13:04
虎さんへ
“ステキなお姫さま”
ぷぅちゃん天国で喜んでますよ、その言葉を聞いて!
まさしく、震災とお別れとで混乱していました。
震災後の生活の建て直しがやっと一段落してきたので、自分の時間が少しずつ持てるようになり、ぷぅちゃんのいない寂しさが少しずつ増してきました。
けれど、ぷぅちゃんはやっとつらい体から開放されたんだと思うと、心のどこかでホッとしている自分もいるんです。
寂しいけれど、一生懸命がんばったぷぅちゃんをちゃんと見送れたので...

ころころさんのコメントにも書きましたが、
ぷぅちゃん、たまに私のところへ監視しにきてるようです。
ブログにも写真載せた('10.12.28の)事ありますが、首の後ろの定位置に、たまにやってきてるみたい。
とってもうれしいです♪
はにーちゃん
2011/03/20 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
おわかれ 文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる