文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災当日

<<   作成日時 : 2011/03/16 19:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

はじめに。
私は仙台に住んでいます。

今も続く地震にビクビクしていますが、
無事にこうしていられる事に感謝して、
命を落としてしまった多くの方へは追悼の念を、
家を失ったなどの大変な被害に遭われた方々へは
希望を持ち続け、前を向いて復興へ向けてと頑張ってほしいと思っています。
私も一日も早く通常の生活に戻れるように...
と祈らずにはいられません。


11日朝、いつものようにぷぅちゃんを抱っこして
ゴハンやいちご牛乳をあげました。

お鼻の周りの羽毛が汚れて
随分固まってしまっていたので
濡れたコットンでキレイに拭いてもあけました。
2011.3.11 7:18

2011.3.11 7:23
ねっ、頭が濡れているでしょう?

ほーんと、いつものように時間を過ごして出社した私。

ぷぅちゃんと過ごす週末を楽しみに、
サクサクと仕事を進めました。
いつもと同じ週末を迎えられるはずでした....

14時46分。
東日本一帯を襲った大地震。

勤務地はビルの20階。
それはそれは凄まじかったです。
宮城県沖地震も経験はしてますがなにせ小さな子どもの頃。
それ以降では今まで体感した地震とは比べられない位の揺れ。

揺れ始めと共に机の下に潜りましたが、
しっかり、腕をつっかえ棒のようにしていないと
そのスペースからも飛び出してしまいそう。
歯も食いしばっていないと舌を噛んでしまいそう。
もう死んじゃうんだと思いました。

机の下から見た光景は、
40台ほどある机の上の物はどんどん吹っ飛び、
引き出しもバタバタ音を立てて開閉しては、
中のモノや引き出し自体もすっ飛んでく。
女性陣の悲鳴。自販機やコピー機までも倒れてました。
地獄絵図って言ってもいいんじゃないかと思います。
2011.3.11 14:51
地震発生から5分後の撮影。
撮ったのは1度目の揺れが治まったころ。
とってもとっても長く感じました。

余震も続けざまでしたか、僅かな治まっている間に
みんなで階段から非難。

死んじゃうかも....と思いながらも、ぷぅちゃんには絶対に会いたい!と
机に潜ってる間に通勤時に履いてきたショートブーツ(ヒールなし)に履き替えてました。
いつもは9cmヒールのロングブーツ。
なぜかその日はクローゼットからわざわざ引っ張り出してでも
ぺたんこショートブーツが履きたい気分だったんです。
このおかげで階段下りも、会社からの徒歩帰宅(1時間半)も無事にできました。

ビルの外は人が溢れてます。
周囲の大きな公園も歩道も黒山の人だかり。
だんだんと煙りの臭い。
あちこちで火災が発生していたようです(消防車が何台も走ってました)。

点呼だけとられ、すぐ解散。
同じ方面同士、自然とチームができそれぞれの方角へ徒歩帰宅。
地震のせいか、どんどん雲行きが怪しくなり、
帰宅途中吹雪にもなりました。

が、私はぷぅちゃんが心配で心配で、歩くスピードは緩めるどころかどんどん速めてました。
ビルから出てすぐにメールした、母からは連絡がなく、
家に着いたという妹からのメールには、ぷぅちゃんの事は何も書かれていない。
半ベソで『ぷぅちゃん今帰るから待っててねっ!!』と
声に出しながら、道ゆく人を何人も抜き歩きました。


良かった....
ぷぅちゃん無事でした。
2011.3.11 17:05
上は私の部屋。

地震発生時、母は2階の私の部屋で
丁度ぷぅちゃんと遊んでいたそう(抱っこするだけですが)。
揺れは治まるどころか、ただならぬ揺れに。
ぷぅちゃんを両手で包み込んでミニ竹かごとホッカイロ、
新聞、毛布などを持ち込み、1階の脱衣所へ逃げ込んだのだそうです。
妹が帰るまで。母はそこでぷぅちゃんを守っていてくれました。

停電のため24時間使用している酸素濃縮器が使えません。
酸素缶1本あるのみ。
保温も今までに比べたらどうがんばっても寒い。
2011.3.11 17:18
早く電気がついてほしいと祈りながら、
脱衣所で、妹と交代で抱っこしカナリーシードを剥いてあげたり、
毎晩こっそり食べる習慣になっていた粟穂もあげたりしながら朝を迎えました。

上の写真は懐中電灯の明かりの中、
カナリーシードを食べ、お水を飲んでいるぷぅちゃん。

ぷぅちゃん、この場所(脱衣所)に来たの初めてだったけど、
怖かったかもしれないけどがまんしてくれました。
ぷぅちゃん一生懸命生きようとしてたんですよね。
私もぷぅちゃんを守るのに必死でした。


♪ランキングに参加してますにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ応援ぽちお願いします♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ブログ更新されたんですね。
無理はなさらないように、どうか体調を崩されないようにしてくださいね。
ぷぅちゃんの写真、撮ってたんですね。
暗い中、ぷぅちゃんは本当に我慢して頑張ったのだと思います。
そしてお母さん、脱衣所に逃げ込んだときに持っていたものは、すべてぷぅちゃんのためのものばかりだったのですね。
ご自分のことをまったく顧みず、ぷぅちゃんのことだけを考えて咄嗟に行動されたのですね。
はにー一家のぷぅちゃんを思う気持ち、その溢れんばかりの気持ちは十分すぎるくらいぷぅちゃんに伝わってます。
暗闇の中のぷぅちゃん、少しは怖かったかもしれませんが、みんながそばにいて安心していたのではないでしょうか。
写真の中のぷぅちゃんが、いつもより少ししっかりした目をしてるように見えます。
記事の最初から涙が止まりませんでした。
今も余震は多いですが、どうか少しでも眠ってくださいね。
イノコロ
2011/03/16 21:37
イノコロさんへ
この状況の中、ぷぅちゃんは本当にがんばってくれたと思います。
充分な酸素も吸えず、それまでより暖かくない、知らない部屋で一生懸命ゴハンや水を口にし、一晩を乗り切ってくれました。
つらかったのだろうけど、今になってみれば私には特別な、最高のぷぅちゃんからのプレゼントになりました。
家の片付けも進み、今まで隠れていた場所が見えてくると、ひび割れや歪みなどが明るみになってきました。
そんな家屋のキズができる中でも、ぷぅちゃんを必死に守ってくれていた母がいたからこそ、その一晩を過ごせたのですよね。
母に感謝です。
今頃ぷぅちゃんは、アン王子と飛び回っているかもしれませんね。
今は東日本全体が地震に怯えてるし、そこに原発問題まで発生し...
心安らぐ日はいつくるのか....
コメントありがとうございました。
はにーちゃん
2011/03/20 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災当日 文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる