文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)

アクセスカウンタ

zoom RSS 長〜い一日と長〜い文章

<<   作成日時 : 2006/12/13 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

前記事の最後に綴った 《2日後の悲劇》
それは11日朝突然やってきた。
  
↑↑10日夜。シードをがっつき、卵の殻を食べまくり、開口呼吸を始める前。↑↑
(後に知ったのだが、たまごで内臓が圧迫される上、
大量に食べた事でより圧迫され呼吸が苦しくなってたのだそう。)


朝、ぷぅちゃんのカゴカバーを外すと
なんとも恐ろしい事に 羽毛を膨らませ佇んでいる!!
姫さまを養うパパママ達にとって この時期のこの状況は
一番恐れている(見たくない)状況ではないでしょうか。
しかも明らかに元気なく、手に飛び乗ってくる力もない。
掬いあげてみるけれどなんとも頼り無げな足元。
フラフラでふにゃふにゃだ。
一番恐れている状況・・・急な冷え込みや奇形の卵等が原因で、お腹にできた卵を
産む事ができず卵管内に留まってしまう『卵詰まり』が起きてる可能性大。


たまご詰まりの経験は はにー もぷぅちゃんも始めて。
産み易くする為、保温に努め(有効な手段として有名)
病院が開くのを待つしかない。
(まだ8時前。この時点では病院、電話繋がらなかった...)

あっためても全く効果なし...。
苦しそうな表情で力なくぺったりと
手の上に乗っている(ふにゃふにゃ餅)。
ゴハンも水も受け付けない。
(途中シード3粒と、水を沢山飲んだ。)

9時に病院と電話が繋がり、10時の予約が取れた。
弱ったぷぅちゃんを車で連れ出すのは怖かったけど、
先生にお願いするしかない。
2時間以上暖めてきた私達にできる事はもうない。

「入院」との診察結果。
って、いうか「入院」と言われた瞬間凍りつきました。
卵詰まりはその場で処置出来ると思ってたの...。
「入院」ってどうしてもぽんた君の事とシンクロしてしまうんだもん。
ぷぅちゃんと診察室でお別れする時、
ぽん君みたいに、辛そうで寂しそうなオメメで はにー を見てた。
あの時「入院なんてもうさせない!」って思ってたのに...。
(まずは1日入院。翌10時半に様子確認の電話をする約束。
たまごも産んで調子良ければ退院。)


も〜〜〜〜ぅ、病院出るなり号泣。
車でも家帰ってからも。だって入院なんだもん。
心配と不安と辛そうなぷぅちゃんを思ってはまた涙。
こういう時って時間経つのおっそい!
時計見ても5分と経ってない。
心配過ぎて途中経過教えてもらう為、夕方電話すると
「卵はまだ。でもゴハン食べるようになったし、元気も良くなってきた。卵も徐々に縦向きになってきてる。今夜中に産まれると思う。」って。

12日も朝起きてからずっと
“あの時みたいに先生からかかってきませんように。”
って祈り続けた。 が、しかし....
9時半過ぎ、電話が鳴り...。
でも「無事に産まれました!10時半に迎えに来て下さい」って!
今度のは安堵と嬉し泣きの涙。

   
↑↑退院後、慣れた部屋で元気に飛び回ったぷぅた。↑↑
丸1日ぶりの元気なぷぅちゃんを見て
やっと、本当に安心出来ました。
今回は先生のお蔭で、無事たまごが出てくれたけど
たまご詰まりでは落鳥してしまう事も少なくない。
卵詰まりの脅威を知らされた1日半でした。

☆☆☆今朝のぷぅたいじゅう☆☆☆
  退院直後も、今朝もベストの23g
クリックde ランキング→にほんブログ村 鳥ブログへぷぅぽんに1票

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2007 毒盛り秘伝 ニの巻 【お色気・キュティクルハニー】
親愛なる方々へ毒を込めて〜♪ ...続きを見る
海のはなし
2007/01/02 13:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ぷぅちゃんもはにーちゃんも辛い1日だったんですね。マルもチィコが『入院』ってなったら
絶対泣いてしまいます。
卵詰まりって、本当に怖いですね。
でも、無事に産まれてよかった〜。
マル
2006/12/13 19:48
ドキドキして読んだよ〜〜〜><
良かった!本当に良かった!(号泣)
ちゃんとね、温めてあげて時間まで待っていたのが良かったのよ!
はにーちゃんと妹ちゃんの気持ちがぷぅちゃんに伝わって、ぷぅちゃんも頑張ったのね^^

本当に良かったです!
かずちゃん
2006/12/13 22:14
ぷぅちゃん無事でなによりでした><!
はにーさんもお疲れ様でした。

本当に無事でよかったです。
私も、もしうちのたまちゃんが入院!?
ってことになったら、きっと泣きますね。
愛ですよ、愛。
pullmeria
URL
2006/12/13 22:19
よかった!辛い一日頑張ったね。病院出るなり号泣って気持ちわかります。読んでて泣きそうだったよ〜。

URL
2006/12/13 23:04
 (*'∀')ノ マルさま
自分が旅行とかで家を空ける、ぷぅちゃんとの離れた時間とは全く違いますからねー。
ホント無事に産まれて良かった〜。
はにーちゃん
2006/12/14 15:54
 (*'∀')ノ かずちゃん
結局、病院行ってからもすぐ産まれた訳じゃなかったけど、暖め続けた事ってやっぱり良かったのかしらねー。
ぷぅちゃんの身体が冷えてしまってたらもっと難産だったのかしら。
みんなのブログ読んでたり、飼育書や文鳥様と私が、この時とっても支えになったのかも!!
かずちゃんもありがと〜♪
はにーちゃん
2006/12/14 15:58
 (*'∀')ノ pullmeriaさま
こういうのって体力的よりか精神的にきますね。
でも本当に無事で良かったです!
日中お留守番のたまちゃんに風邪引かせないように気を付けて下さいね♪
はにーちゃん
2006/12/14 16:05
 (*'∀')ノ 華さま
元気な姿で戻ってきてくれて本当に嬉しかった〜!
病院出るまで涙堪えるのやっとでした。
(ホントは溢れる寸前・笑)
今日もぷぅたは23gをキープしてます!!
はにーちゃん
2006/12/14 16:08
びっくりしました。
でも、無事で何よりでした。
もし仕事が入ってたのなら、仕事なんて手につかず、デスクで泣いて心配してたかもね。
卵づまりって大きな鳥でもあるのかな?
海のはなし
2006/12/14 17:59
ドキドキしながら読みましたよ。
でも本当に無事元気に帰ってきてくれてよかったですね。
人間もペットも病院とは縁の無い生活が一番ですよね。
金魚の母
2006/12/15 12:51
 (*'∀')ノ 海のはなしさま
仕事だったら...多分休んじゃうかも。
もしあの日会社勤めがあって、体調の悪さを軽視して仕事に出ていたら...と思うととても恐ろしいです。
大きい鳥は卵もおっきいし、同じようにありそうですよねー。
はにーちゃん
2006/12/15 16:16
 (*'∀')ノ 金魚の母さま
いつもの元気でかわいいぷぅちゃんを見てるだけで、既に、あの時の不安や心配の大泣きが嘘の様です。
出来る限りのお世話で病院知らずの元気っ娘になってほしいものです。
はにーちゃん
2006/12/15 16:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長〜い一日と長〜い文章 文鳥春秋 (旧 さくらんぼ爆弾)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる